驚くほど仕事がきまる!ご紹介や口コミが増える あなたの自己紹介ページ noteme[ノトミ]

【紙の名刺はもう不要?】WEB名刺のビジネスシーンでの取り入れ方と特徴

  • 2023年10月24日
  • 2023年10月30日
  • コラム
  • 33view
WEB名刺 使い分け

WEB名刺は、伝統的な紙の名刺のデジタル版

WEB名刺とは、個人やビジネスのプロフィール情報をデジタル形式で提供する手段です。

紙の名刺に代わり、ビジネスコミュニケーションの新たな方法として急速に普及しています。
WEB名刺の簡単なメリットは従来の紙の名刺に比べて、情報の追加、更新、共有しやすい特徴があります。



WEB名刺をこれから取り入れようと考えている人や、持っているけどイマイチ使い道が分からない…
という方に向けてWEB名刺の特徴と取り入れ方について詳しく解説していきます。
この記事を読めばWEB名刺のより実用的な活用方法や、取り入れた際の注意点、紙の名刺との使い分けなどを実際のビジネスシーンで活用できるようになります。

SNS、ウェブサイトをまとめて表示できる

WEB名刺 使い分け SNS


WEB名刺は、リンク、SNSプロフィール、ウェブサイトなどの要素を含めることができます。

SNSと統合することで、新しいつながりや相手が直接情報にアクセスできるので、
紙の名刺だけでは伝わりづらい部分も知ってもらうための有効な手段だと言えます。

WEB名刺は一度作れば半永久的に使用できるので環境にやさしい

WEB名刺 使い分け 環境


紙の名刺はリサイクルされることが少なく、環境に負担がかかります。
WEB名刺は紙の使用を削減し、環境への配慮を示す方法として効果的です。


また、紙の名刺を印刷し、再印刷するコストを削減でき、予算の節約にも貢献します。

WEB名刺のデザインの自由度

WEB名刺 使い分け


WEB名刺はデザインに制限が少ないため、より創造的なブランディングに合った名刺を作成できます。

WEB名刺にはテキスト、画像、ビデオ、リンクなど、多様な情報を含めることができます。
これにより、自己紹介やビジネスプロモーションが豊かになり、相手に興味を持ってもらうきっかけになります。

WEB名刺はスマートフォンやPCから簡単にアクセスできる

WEB名刺 使い分け

WEB名刺には、QRコードが含まれることが一般的です。
相手はスキャンするだけでカード情報にアクセスでき、手動入力の手間を省けます。


またコロナ禍で需要が増えた、リモートでの仕事も簡単にWEB名刺を交換できるので、わざわざ直接交換しなくてもスマホで読み込むだけで情報共有ができます。
バーチャル背景にQRコードを設置すればよりスムーズに相手に情報を共有が可能です。

突然の更新でもWEB名刺なら即座に変更が可能

紙の名刺の場合、一度印刷されてしまうと修正や変更が途中で行えませんが、
WEB名刺の場合、連絡先情報や職務が変更された場合、カードを更新すれば、即座に相手に最新情報を共有できます。

ここまで、WEB名刺のメリットや具体的な使い道をご紹介しましたが、
とても便利な反面、デメリットやWEB名刺が向いてない場合もあります。


ここからはWEB名刺と紙の名刺の使い分けやそれぞれの特徴をわかりやすく紹介していきます。


テクノロジー依存

WEB名刺 使い分け


WEB名刺を使用する場合、スマートフォンやコンピューターが必要です。
現代ではスマートフォンを持っていないという人はかなり少数ではあると思いますが、相手がこれらのデバイスを持っていない場合、情報の共有が難しくなります。


また、インターネット接続が不安定な場所や、情報へのアクセスが制限されている状況では、WEB名刺の情報にアクセスできない可能性があります。

老舗のビジネス環境への適応

WEB名刺 使い分け


一部の伝統的な業界や環境では、まだ紙の名刺が一般的であり、WEB名刺が採用されていないこともあります。

情報過剰


WEB名刺にはテキスト、画像、ビデオ、など多くの情報が含まれることがあります。

これにより、情報過多になり、相手が必要な情報を見つけるのが難しくなる可能性もあるのです。
WEB名刺を使用する際は、相手に伝えたい情報を絞り、記載する必要があります。

紙の名刺、WEB名刺それぞれの違いは?

WEB名刺 使い分け

以上がWEB名刺を取り入れる際に考慮すべきポイントです。
特に、紙の名刺とオンライン名刺は、ビジネスコミュニケーションのための異なる形式であり、それぞれ独自の特徴と使い分けを持っています。

最後に紙の名刺、WEB名刺それぞれの違いを詳しく説明します。

紙の名刺:

物理的な形式: 紙の名刺は物理的なカードとして存在し、手渡しまたは郵送で配布できます。

名刺を手渡すことで、対面でのビジネスコミュニケーションを促進します。

紙の名刺には限られたスペースしかないため、基本的な情報(名前、連絡先情報、企業名など)のシンプルな作りになります。

また、紙の名刺は印刷された後は情報を更新することが難しいため、変更がある場合には名刺を新しく作成する必要があります。

紙の名刺は伝統的なビジネス環境に適しており、一部のビジネス環境では、伝統的な紙の名刺が一般的です。

WEB名刺:

WEB名刺はデジタル形式で提供され、スマートフォン、コンピューター、ウェブアプリを介して情報を共有します。 通常、QRコードを使用したり、NFCカードを読み取って表示することができます。

リモートワークなどの仕事とも相性がいいと言えます。
また紙の名刺のように物理的に手元に残ることが無いため、紛失してしまうリスクもありません。

伝統的なビジネス環境では紙の名刺が一般的ですが、デジタルビジネス環境ではWEB名刺が効果的です。
紙の名刺とWEB名刺は、ビジネスのニーズや環境に合わせて両方を上手く組み合わせて使用することが重要になります。

紙の名刺と組み合わせて使用​​することで、効果的なビジネスコミュニケーションをサポートし、個人とビジネスの成功に貢献します。

notemeのWEB名刺の特徴

いかがでしたか。
名刺は、特徴をその都度使い分けて、自身のビジネスに合った使い方を選ぶ必要があります。

notemeのWEB名刺ではインタビューにて、今までの経歴や仕事への想いなどをお聞きし、プロのライターさんがまとめたものをnotemeに掲載出来るので、自分の強みや、そこに至るまでの経緯が伝えられます。

色合い、画像、テキストはご自身で編集が可能なのでリアルタイムの情報を載せたり、逆に載せたくない情報は表示しないなどカスタマイズが可能。

WEB名刺を作成してくれた方に向けて、NFCカードも無料でプレゼントしているのでカードをスマホにかざすだけで簡単にWEB名刺を共有できます。

また、notemeではWEBサイト制作やチラシの制作なども承っております。
お気軽にご連絡ください。

noteme[ノトミ] オンライン説明会

昨今様々な働き方の選択ができるようになり、そのひとつとして『個人事業主』という働き方を副業・兼業で選択される方も多くいらっしゃいます。

個人事業主やフリーランスとして、起業したての頃は口コミやご紹介でお仕事を受けることが8割ほど。どうやったら、ご紹介や口コミが増えるのか。
noteme[ノトミ]は、ご紹介を増やすツールとしてご利用いただいています。ぜひ公式LINEからお友達登録して、ご紹介を増やすヒントを受け取ってください。

最新情報をチェックしよう!
>自己紹介サイトnoteme[ノトミ]

自己紹介サイトnoteme[ノトミ]

CTR IMG